Bitcoinの価格

(BTC)
USD($)

Bitcoin(BTC)情報

1
AA
展開
Webサイト
bitcoin.org
ドキュメンテーション
developer.bitcoin.orgtokeninsight.comtokeninsight.com
エクスプローラ
blockchain.combtc.com
契約
--
監査者
--
コードとコミュニティ
投資家
--
‎$ 22,497.7
‎$ 23,667.6
‎$ 68,789.6
+0.33%
-3.25%
-0.80%
$ 441.24B 
$ 150.63M 
18,953,412
21,000,000

概要BTC

ビットコイン(Bitcoin / BTC)とは

ビットコイン(Bitcoin)は、ブロックチェーン上で分散化されて管理するように設計された世界初の暗号資産(仮想通貨)です。米ドルや日本円などの従来の通貨とは異なり、銀行や金融機関などの中央機関を必要とせずに、価値保存機能やデジタル決済手段として使用できます。市場におけるビットコイン(Bitcoin)のティッカーシンボルはBTCです。

ビットコイン(Bitcoin)は、世界中のユーザーに広く普及し、関心を集めることができている世界初の暗号資産(仮想通貨)です。2021年、エルサルバドルは世界で初めて法定通貨としてビットコイン(Bitcoin)を採用し、政府発行の法定通貨の代替手段としての受け入れを一層促進しました。

デジタル決済の概念は数年前から存在していますが、ビットコイン(Bitcoin)はその分散化機能が大きな特徴の1つです。従来の金融インフラに依存する代わりに、ビットコイン(Bitcoin)の取引は仲介機関を必要とせず、Peer-to-Peer(P2P)プロトコルを利用したブロックチェーン上で管理・運用が行われます。

ビットコイン(Bitcoin)のブロックチェーンは、中央集権型の台帳やデータベースを管理する代わりに、非中央集権の分散型台帳で設計されています。このモデルは単一障害点を排除し、ビットコイン(Bitcoin)を攻撃に対して安全性が高く、回復力のあるものにします。さらに、ブロックチェーンの分散型設計により、オンライン支払いもより高速かつ効率的になります。

米国を拠点とする非営利組織であるビットコイン財団(Bitcoin Foundation)は、暗号資産(仮想通貨)の認識と普及を高めるために政府と連携をとり関与する責務を負っています。また、ビットコイン(Bitcoin)への批判による影響に対処することも任務の一つです。

KuCoinブログでは、ビットコイン(Bitcoin)についてもっと学ぶことができます。

ビットコイン(Bitcoin)の仕組み

ビットコイン(Bitcoin)は、ブロックチェーン技術により、取引の透明性が完全に確保され、分散化された独自の決済ネットワークを提供します。分散型台帳の設計により、すべての参加者(Nord:ノード)がネットワーク内の全取引を閲覧することができます。

すべてのBTC取引は暗号化され、安全で理論上、改ざん不可能な方法でブロックチェーン内に記録されます。ブロックチェーンに追加された記録は不変で、ネットワーク内のすべての参加者(Nord:ノード)の承認なしには改ざんすることができません。このため、ビットコイン(Bitcoin)は詐欺に利用される可能性が高い米ドルや日本円などの法定通貨やクレジットカードといった従来の決済手段に比べ、はるかに安全な決済手段となっています。

ビットコイン(Bitcoin)のブロックチェーンは、マイニングリグと呼ばれる暗号資産(仮想通貨)を採掘するための機材と高い処理能力を持つコンピューティングデバイスを使用しています。マイニングリグはビットコイン(Bitcoin)ネットワーク内の全取引を検証し、新しいブロックを追加してブロックチェーンに記録する役割を担っており、その貢献の見返りとしてブロック報酬を獲得します。

ビットコイン(Bitcoin)の取引を検証するプロセスはマイニングとも呼ばれ、新しいBTCを生み出して流通量を増加させます。ビットコイン(B​​itcoin)の最大供給量は2,100万枚に固定されており、新しいBTCのマイニング報酬は時間と共に減少していきます(半減期)。マイニング報酬は減少しますが、暗号資産(仮想通貨)の需要の高まりもあり、ビットコイン(Bitcoin)の価値を時間の経過とともに高めています。

ビットコイン(Bitcoin)はネットワーク内の二重支払問題を防ぐため、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)コンセンサスアルゴリズムを採用しています。二重支払は、ユーザーが取引の詳細を記録する時間内に同じトークンを2つの別々の取引で使用しようとした場合に発生します。

しかし、長いハッシュを使用することによって、ユーザーによるビットコイン(Bitcoin)の二重支払いを難しくすることができます。このようなコンセンサスアルゴリズムにより、ブロックチェーン内の不正を防止しています。

ビットコイン(Bitcoin)の歴史

ビットコイン(Bitcoin)の起源は、サトシ・ナカモトという名乗る人物もしくは団体が2008年10月31日にホワイトペーパーを発表したことにさかのぼります。この論文はP2Pの分散型暗号資産を利用したオンライン決済について論じています。

ブロックと呼ばれる集合に取引を暗号化して記録する分散型台帳の利用も提案しました。この技術がブロックチェーンの原点となっています。

サトシ・ナカモトが提案したビットコイン(Bitcoin)は、セキュリティと匿名性と分散化を融合させ、デジタル決済を可能にするトラストレスな環境を構築した点に特徴があります。ブロックチェーンインフラは、中央集権的な取引にとって重要な要素である「信用情報」の確認をせずに、P2Pによる支払送金を実現しました。

2009年1月3日、ビットコイン(Bitcoin)の生みの親であるナカモトは、ビットコイン(Bitcoin)ブロックチェーンの最初のブロック(ジェネシスブロック)をマイニングし、世界初で最も人気のある暗号資産(仮想通貨)を正式に公開しました。公開当初、BTC価格は0ドルでしたが、徐々に価格が上がっていきました。その後、より多くのビットコイン(Bitcoin)がマイニングされ、暗号資産(仮想通貨)の需要が生まれました。

2010年5月22日、ビットコイン(Bitcoin)は初めて商取引に使用されました。コンピュータープログラマーのLaszlo Hanyeczがピザ2枚を注文し、10,000 BTCで購入したのが初めてのビットコイン(Bitcoin)の商取引利用です。もちろん、この時のBTCは現在の価格よりかなり低い水準でした。

ビットコイン(Bitcoin)の最小購入可能単位は、生みの親の名前に因み、「Satoshi (SAT)」と名付けられています。1Satoshiは0.00000001 BTC、つまり1 BTCの1億分の1に相当します。

これまでビットコイン(Bitcoin)ブロックチェーンのシステムは何度かアップデートされてきました。2022年7月の時点で最新の重要なアップデートは、2021年に稼働したTaprootアップデートで、2017年にSegWit(Segregated Witness)が稼働して以来、最も重要なアップデートとなっています。Taprootは、ビットコイン(Bitcoin)取引をさらに安全にするため、「MAST」という技術を使って、プライベートな取引データを見えないようにしています。

ビットコイン(Bitcoin)のロードマップの中でもう一つ注目すべきは、ビットコイン・ライトニング・ネットワーク(Bitcoin Lightning Network)です。ライトニング・ネットワーク(Lightning Network)は、ビットコイン(Bitcoin)上で設計されたレイヤー2の決済プロトコルで、スケーラビリティとスループットを向上させ、ビットコイン(Bitcoin)取引をより安価な取引手数料で高速化することができます。

ビットコイン(Bitcoin / BTC)の買い方・購入方法

居住地域で購入する選択肢が異なりますが、デジタルウォレット、Bitcoin ATM、従来の証券会社などでビットコイン(Bitcoin)を購入できます。ビットコイン(Bitcoin)を購入する最も迅速で簡単な方法は暗号資産(仮想通貨)取引所の利用で、取引手数料が安く、取引や投資機会が多くあります。

KuCoinにおいても、迅速、安全、簡単にビットコイン(Bitcoin)を購入できます。以下は、KuCoinでのBTC購入手順です。

➢ KuCoin口座を開設(2分で口座開設できます)

KuCoinアプリをダウンロードするか、KuCoin.comにアクセスして、画面に従ってKuCoinに登録します。KYC認証を完了すると、法定通貨によるクイック購入サービスや、出金上限の引上げなど、KuCoinの全ての機能を利用できるようになります。

➢KuCoinクイック購入でビットコイン(Bitcoin)を購入する

KuCoinのクイック購入を利用すると、クレジットカード、デビットカード、Mastercard、Visaなどの70以上の支払い方法をご利用頂けます。その中からご自身に合った支払い方法でビットコイン(Bitcoin)を購入できます。または、KuCoinのP2P取引サービスを利用して、法定通貨でビットコイン(Bitcoin)を購入することも可能です。居住地域によって選択できる支払い方法は異なります。ユーロ圏のユーザーは、SEPAでEURを入金し、EURでビットコイン(Bitcoin)を購入できます。 BTCを取引する前に、BTC価格、時価総額、24時間出来高、ニュースを確認するようにしてください。

サードパーティセラーの中には、サービスを利用する前に高度なKYCを要求する場合があります。

➢ 口座に暗号資産(仮想通貨)を入金し、ビットコイン(Bitcoin)に交換する

既にお持ちの暗号資産(仮想通貨)をKuCoinアカウントに入金してビットコイン(Bitcoin)に交換することもできます。入金ページに移動し、入金したい暗号資産(仮想通貨)を選択します。アドレスを間違えると資金を失ってしまうため、正しいアドレスを選択するよう注意してください。暗号資産(仮想通貨)の入金後、現物取引にて入金した暗号資産(仮想通貨)とビットコイン(Bitcoin)を交換するための取引ペアを見つけます。USDTなどの ステーブルコインを利用すると、ビットコイン(Bitcoin)への交換が簡単になります。

➢ビットコイン(Bitcoin)を安全に保管し、有効に活用する


ビットコイン(Bitcoin)の購入完了後、KuCoin上で安全に保有するか、コールドウォレットに移して長期保有することができます。資金にアクセスするための秘密鍵の情報を安全に保管するよう十分に注意してください。KuCoinで投資や取引をすることで、ビットコイン(Bitcoin)を活用することができます。

よくある質問

1 ビットコイン(Bitcoin / BTC)の価値は?

ビットコイン(Bitcoin)の価格は変動が激しく、過去数年間で何度も上下を繰り返しています。2013年7月5日に65.53ドルの安値を記録した後、2021年11月10日に史上最高値の68,789.63ドルを記録しています。

ただ、一本調子に上昇したわけではありません。2009年の公開価格0ドルから2017年5月に2,000ドルを超えるまで、ビットコイン(Bitcoin)は数年間にわたり利益を上げ続けました。2017年は暗号資産(仮想通貨)が大きく飛躍した年であり、同年12月にはビットコイン(Bitcoin)の価値が19,345.49ドルまで急騰しました。

しかし、ビットコイン(Bitcoin)価格は下落し、2019年の半ばまでは1万ドル前後のレンジで取引され、同年12月には6,635.84ドルにまで下落しました。2020年、ビットコイン(Bitcoin)価格は7,000ドル以下から年末までに29,000ドルまで急騰し、2021年には史上最高値まで上昇しました。

暗号資産(仮想通貨)市場は24時間、週7日でほぼ休みなく稼働しているため、BTC/USDの価格は常に変動しています。暗号資産(仮想通貨)の価値の変動は、BTC価格チャートをご覧ください。

なぜビットコイン(Bitcoin)に価値があるのか?

➢発行上限数が決まっている

ビットコイン(Bitcoin)の価値を高めている最も大きな要因の1つは、発行上限数(最大供給量)が固定されていることによる希少性です。ビットコイン(Bitcoin)の公開の時点で、サトシ・ナカモトは2,100万 BTCしか発行しないと発表しています。

➢非中央集権的性質

暗号資産(仮想通貨)の非中央集権的な性質への人気と出来高の急増に伴い、個人投資家、機関投資家の間でビットコイン(Bitcoin)に対する需要が高まっています。ビットコイン(Bitcoin価格)は、旺盛な需要によって支えられています。

➢最大の時価総額を誇る暗号資産(仮想通貨)

BTCの発行上限数(最大供給数量)が予め決まっていることや、最大の時価総額を持つ世界初の暗号資産(仮想通貨)としての評価が、ビットコイン(Bitcoin)を魅力的な価値貯蔵手段として注目を集め、ビットコイン(Bitcoin)価格を強く下支えています。

➢ 暗号資産(仮想通貨)の普及が進み、BTC価値がさらに上昇

大小の投資家の間でBTCや他の暗号資産(仮想通貨)への関心が高まっていることも、ビットコイン(Bitcoin)の価値を高める後押しをしています。暗号資産(仮想通貨)のユースケースが増えることで、新しいアセットクラスとしてより魅力的な投資対象になっています。ビットコイン(Bitcoin)は依然として世界一の暗号資産(仮想通貨)であるため、多くの投資家がポートフォリオに加えようと競い合っています。

➢ インフレヘッジ手段としてのビットコイン(Bitcoin)

COVID-19世界的な大流行の影響で、世界の金融市場の不確実性は極めて高まっています。ビットコイン(Bitcoin)をインフレに対するヘッジと考える投資家も少なくなく、金融市場ではビットコイン(Bitcoin)を「デジタルゴールド」という呼び方が定着しています。中央銀行による金融緩和、株式市場の変動、金の高価格化などの中で、多くの投資家が高いリターンを期待できるビットコイン(Bitcoin)に注目しました。

ビットコイン(Bitcoin)マイニングとは

新しいビットコイン(Bitcoin)を生成する作業は、マイニングと呼ばれています。マイニングでは、マイニングリグと高い処理能力を持つコンピューターを使って、複雑な数学的パズルを解きます。ビットコイン(Bitcoin)のマイニングは、ブロックチェーン内の全取引を検証し、新しいブロックに取引を記録するために不可欠なプロセスです。

ビットコイン(Bitcoin)のマイニングを実施するマイナーは、取引を検証し、新しいBTCを生成し、その流通量を増やすための数学的パズルを解きます。マイナーがマイニング作業を行うと、ブロック報酬として新たに生成されたビットコイン(Bitcoin)の一部を受け取ることができます。新たに生成されたBTCは市場供給量を増やしますが、発行上限数(総供給量)が一定で需要が堅調なため、マイニング自体はBTC価格にほとんど影響を与えません。

KuCoinは、KuCoinプールを介してビットコイン(Bitcoin)マイニングに参加できる便利なサービスを提供しています。 このサービスを利用すると、計算資源を提供してマイニングハッシュレートを向上し、低コストでビットコイン(Bitcoin)マイニングを体験することができます。

ビットコイン(Bitcoin)はどの程度のエネルギーを消費するのか?

ビットコイン(Bitcoin)の需要が世界的に高まる一方で、ビットコイン(Bitcoin)マイニングやブロックチェーンの稼働に利用されるエネルギーへの懸念が高まっています。Cambridge Center for Alternative Finance(CCAF)の試算によると、ビットコイン(Bitcoin)ネットワークのエネルギー消費量は年間約110 TWhで、これは世界で生産される全電力の約0.55%に相当するとのことです。なお、このエネルギー量は小さな国の1年分の電力をまかなう量に相当します。

ビットコイン(Bitcoin)ネットワークは、取引(トランザクション)の検証にProof of Work (PoW)というコンセンサスアルゴリズムを採用しており、マイナー同士の競争が激しくなるに連れて高い計算能力とエネルギーを備えるマイニングリグが必要になってきました。これらのビットコイン(Bitcoin)マイニングリグは、BTCのブロックチェーン上のすべての取引の記録を管理するために欠かせません。

しかし、マイナーはリグの電源として従来の金融分野では利用できなかったあらゆる種類の電源を利用できるため、他の産業に対して有利となり得ます。ビットコイン(Bitcoin)のエネルギー消費の問題を解決するために、よりクリーンなエネルギー源を利用することもできます。

ビットコイン(Bitcoin)の保管方法

ビットコイン(Bitcoin)は暗号資産(仮想通貨)でオンライン上に存在するため、紙幣を入れるような財布などの物理的な形で保存したり手にしたりすることはできません。暗号資産(仮想通貨)ウォレットやデジタルウォレットに保管します。暗号資産(仮想通貨)ウォレットには、主にホットとコールドの2種類があります。

ホットウォレットやオンラインウォレットでは、秘密鍵を用いてWeb、またはモバイルアプリケーションからビットコイン(Bitcoin)にアクセスできます。取引所では暗号資産(仮想通貨)を保管するためのホットウォレットを提供していますが、秘密鍵はユーザーが保持せず、取引所を運営する事業者が保管します。

コールドウォレットは、BTCへのアクセスするための秘密鍵をインターネットに繋がっていないオフライン環境で保存できるデバイスです。ホットウォレットに比べればセキュリティレベルは高いという利点があるものの、利用する際にはデバイスが無いとビットコイン(Bitcoin)にアクセスすることができなく利便性では劣ります。

ビットコイン(Bitcoin)の安全性

ビットコイン(Bitcoin)はセキュリティを重視して考案されており、ブロックチェーンはこれまで一度も停止に至る攻撃を受けたことがなく、安全性に優れています。理論的には、ビットコイン(Bitcoin)のプロトコルを破る方法はありますが、そのような攻撃を行うには時間と労力の面で莫大なコストがかかるため、経済的な合理性がありません。

ビットコイン(Bitcoin)をデジタルウォレットや取引所に保管する場合、ハッキングや攻撃に対して脆弱となってしまいます。暗号資産(仮想通貨)市場に参入する投資家が増えるほど、サイバー犯罪者にとって攻撃対象として魅力的になります。

2020年以降、ユーザーのウォレットや分散型アプリケーション(dApps)からビットコイン(Bitcoin)などの暗号資産(仮想通貨)を盗み出すなどの詐欺やサイバー犯罪が急激に増加しています。

ビットコイン(Bitcoin)を購入する際は、信頼できる暗号資産(仮想通貨)取引所や販売所を選び、安全な暗号資産(仮想通貨)ウォレットに保管することをお勧めします。ビットコイン(Bitcoin)のセキュリティをさらに高めたい場合は、BTCの秘密鍵を管理するカストディアルウォレットをお勧めします。

ビットコイン(Bitcoin)への様々な投資方法

BTCへの投資方法はいくつかありますが、最も一般的なのはビットコイン(Bitcoin)の現物を購入して保有する方法です。BTCの価値が上がり続けている間は利益を得られますが、市場が暴落した場合に売却すると損失を被ることになります。また、BTCを貸し出すことで受動的所得を得ることができ、資産形成に役立てることができます。

KuCoinは、現物取引、信用取引、先物取引など、ビットコイン(Bitcoin)の投資手段をいくつか提供しています。KuCoin Earnを利用して、BTCを貸し出すこともできます。

もう一つの魅力的な選択肢は、ビットコイン(Bitcoin)ETFです。複数の金融企業がビットコイン(Bitcoin)の先物取引に投資できるこの投資商品の取り扱いを始めています。BTC ETFは、証券取引所で取引することができます。

Grayscale(グレースケール)のように、投資信託を通じてビットコイン(Bitcoin)へのエクスポージャーを提供する企業もあり、大口投資家にとって信頼できる選択肢となっています。例えば、Grayscale Bitcoin Trustは、GBTC(グレースケールビットコイン投資信託)を買うことができる上場ファンドです。ただし、ETFはプレミアムで取引されるため、暗号資産(仮想通貨)取引所で直接BTCを購入するよりも投資コストが高くなる可能性があることを念頭に置く必要があります。

ビットコイン(Bitcoin)で何を購入できるのか

ビットコイン(Bitcoin)の普及により、複数の企業で決済手段として受け入れられています。BTCのLightningネットワークは、取引所での暗号資産(仮想通貨)取引に利用できるだけでなく、オンラインや一部のオフラインビジネスでの商品・サービスの支払いに利用することができます。

オンライン小売での買い物、旅行サイトでの予約、オンラインサービスの購入、一部の飲食店での支払い、オンラインでの料理の注文など、様々な場面で法定通貨の代わりにBTCを使用できます。また、AmazonでBTCを利用できるようにするサードパーティーサービスもあります。

Elon Musk氏がCEOを務めるTeslaは、現時点ではBTCを支払方法として受け入れていないものの、BTCを使って高級車購入できる米国の自動車販売店もあります。また、BTCを決済手段として不動産売買が行われる例も増えています。

BTC価格分析

現在価格

BTCの現在価格は22,863.2USDで、直近7日間の-0.80%と減少、直近24時間の-3.25% 減少を表しています。

過去のトレンド

BTCの史上最高値は11-10, 2021の68,789.6 USD で、そこから-66.76%下落しています。
BTCの史上最安値は65.5 USDで、そこから99.71%上昇しています。
$ 65.52
$ 68,789.62
BTCの最新価格を確認しますか?KuCoin取引所にアクセスして、BTC/USD価格の24時間365日のライブ更新を確認し、ならびに仮想通貨をすばやく売買する機能を利用してください。