Ethereumの価格

(ETH)
USD($)

Ethereum(ETH)情報

2
A
展開
Webサイト
ethereum.org
ドキュメンテーション
tokeninsight.comtokeninsight.com
エクスプローラ
etherscan.io
契約
BSC 0x2170ed...3f8HECO 0x64ff63...1fd
監査者
--
コードとコミュニティ
投資家
--
‎$ 1,533.01
‎$ 1,597.09
‎$ 4,891.7
+0.35%
-0.47%
-3.25%
$ 192.03B 
$ 57.69M 
120,179,157
--

概要ETH

イーサリアム(Ethereum / ETH)とは?

イーサリアム(Ethereum) は、オープンソースの分散型ブロックチェーンで、安価で高速なデジタル決済を可能にします。また、スマートコントラクトをサポートし、さまざまな種類の分散型アプリケーション(dApps)の作成・運用に利用されています。

公式サイトによると、イーサリアム(Ethereum)は金融サービスやゲームなどのアプリケーションのマーケットプレイスとして位置づけられており、すべてブロックチェーン上で分散的に動作するように設計され、スマートコントラクトを搭載しているのが特徴です。イーサリアム(Ethereum)のネイティブ暗号資産(仮想通貨)はイーサ(Ether)と呼ばれ、ETHという記号で表されています。

イーサリアム(Ethereum)は、暗号資産(仮想通貨)の中でビットコイン(Bitcoin)に次いで2番目に大きな時価総額となっています。また、ETH価格がビットコイン(Bitcoin)の次に大きいので、ビットコイン(Bitcoin)をデジタルゴールドと呼び、イーサ(ETH)をデジタルシルバーと呼んでいる投資家も少なくありません。

イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーンは、特にDeFi、NFT、ソーシャルメディア、ブロックチェーンゲームなどの分散型アプリやWeb 3.0などに多く利用されている最大のエコシステムです。分散型金融、NFT、Play-to-Earn、メタバースなど、暗号資産(仮想通貨)業​​界の多くの新しいトレンドをイーサリアム(Ethereum)が牽引しています。

イーサ(ETH)価格はビットコイン(Bitcoin)と同様に、かなり大きな変動があります。しかし、アプリケーションの多さから、イーサ(ETH)の価格は暗号資産(仮想通貨)市場のセンチメントだけでなく、dApp開発者やユーザーによるイーサリアム(Ethereum)の採用状況によって上下することがあります。

イーサリアム(Ethereum)の開発者

イーサリアム(Ethereum)のコンセプトは、2013年末にVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)によって初めて提示され、その後、2013年11月27日にホワイトペーパーが公開されました。ホワイトペーパーでは、イーサリアム(Ethereum)の技術設計について論じ、スマートコントラクト機能の考え方を示しています。

イーサリアム(Ethereum)はいつ開発されたのか?

イーサリアム(Ethereum)のホワイトペーパーは2013年末にVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)によって発表され、その後、2014年に最初のイーサ(ETH)のクラウドセールが実施され、初じめての開発資金を調達に成功しました。イーサリアム(Ethereum)プラットフォームは、それから約2年後の2015年に公開されました。

2014年1月の公式発表後、Buterin(ブテリン)はイーサリアム(Ethereum)共同設立者Dr. Gavin Wood(ギャビン・ウッド)と協業し始めました。2014年4月にイーサリアム(Ethereum)のイエローペーパーが発行されて、Ethereum Virtual Machine(EVM)の技術仕様が議論されました。

2014年7月22日から9月2日にかけてイーサ(ETH)のクラウドセールが行われ、ユーザーはビットコイン(Bitcoin)を使用してイーサ(E​​TH)を購入することができました。イーサリアム財団(Ethereum Foundation)は約6,000万ETHを販売して約1,800万ドルを調達し、その資金をブロックチェーンネットワークの初期開発フェーズに充てました。

イーサリアム(Ethereum)のメインネットは2015年7月に稼働し、ブロックチェーン上で暗号資産(仮想通貨)の発行が容易になり、新規暗号資産(仮想通貨)を販売するのICO(イニシャル・コイン・オファリング)の時代が到来しました。
イーサリアム(Ethereum)の歴史における次の重要な出来事は、2016年4月に分散型ベンチャーファンド「The DAO」がハッキングされ、ICOから約1億5千万ドルを失いました。この出来事をきっかけに、イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーンはハードフォークして、現在の状態に至っています。

イーサリアム(Ethereum)の仕組み

イーサリアム(Ethereum)の機能はビットコイン(Bitcoin)と同様で、世界中に分散した数百万のノードのネットワークを使って分散台帳を維持し、取引を記録します。

ブロックチェーンのノードには、ネットワーク内の全ユーザーのアドレス情報が格納されています。また、プログラム可能なスマートコントラクトのコードも格納されています。これらのコードは、通貨のアンロックとその取引に関するルールで構成されています。また、ノードには、イーサリアム(Ethereum)ネットワーク内で動作するスマートコントラクトの状態に関する情報も含まれています。

イーサリアム(Ethereum / ETHはビットコイン(Bitcoin)と異なり、汎用性があります。ビットコイン(Bitcoin)が高速で簡単なデジタル決済を可能にする方法として構想されたのに対し、イーサリアム(Ethereum)のネットワークはプログラマブルであるため、高い柔軟性と機能的なものとなっています。開発者は、分散型金融、ゲーム、ソーシャルメディア、その他多くのdAppsをイーサリアム(Ethereum)上で設計しています。

イーサリアム(Ethereum)は、スマートコントラクト機能を持ち、多くのdAppsをサポートしているため、ユーザー数が多いのが特徴です。イーサリアム(Ethereum)は汎用性が高く、スマートコントラクトを実行できることが評価されています。イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーンで最も強力なアプリケーションの1つは、分散型金融(DeFi)分野です。

今後、イーサリアム(Ethereum)がPoSコンセンサスに移行すると、取引検証のためのエネルギー消費量が大幅に削減されるため、ブロックチェーンの利用効率がさらに向上しま

イーサリアム(Ethereum)の買い方・購入方法

イーサ(ETH)の買い方・購入方法は様々ですが、暗号資産(仮想通貨)取引所やブローカーを経由する方法と、デジタルウォレットを直接利用する方法が最も一般的な選択肢です。また、イーサ(ETH)は分散型取引所(DEX)や、サードパーティのデジタル決済アプリでも購入することができます。

しかし、分散型取引所(DEX)では他の暗号資産(仮想通貨)を使ってイーサ(ETH)を購入する必要があります。サードパーティのアプリケーションでイーサ(ETH)を購入するのは便利かもしれませんが、中央集権型取引所(CEX)よりも高い取引手数料を請求される可能性があります。

以下の簡単な手順で、KuCoinでイーサ(ETH)を購入することができます。

➢ KuCoin口座を開設(2分で口座開設できます)

KuCoinのアカウントをまだお持ちでない方は、2分以内で登録できます。アカウントにログインした後、記載されている手順に従ってKYC認証を完了させてください。

➢取引口座に資金を入金する

クレジットカード、デビットカード、SEPA、70種類以上の支払い方法から、法定通貨で口座に入金することができます。Visa、Mastercard、PayPal、その他の選択肢をサポートし、お客様が利用する法定通貨でUSDTを購入することができます。また、 KuCoinのP2Pサードパーティーを利用してUSDTを購入し、取引口座に資金を入金することも可能です。

➢Kucoinで既にお持ちの暗号資産(仮想通貨)を使ってイーサ(ETH)を購入する

KuCoinにて既存の暗号資産(仮想通貨)でイーサ(ETH)を購入することができます。デジタルウォレットからKuCoinアカウントに暗号資産(仮想通貨)を転送し、イーサ(ETH)を取引します。

➢イーサ(ETH)の買い注文を出して取引する

KuCoin現物取引にて、ETH/USDTのペアを探し、イーサ(ETH)の価格をチャートで確認します。イーサ(ETH)に交換するUSDT数量を入力すると、購入可能なイーサ(ETH)と取引手数料が分かります。注文後、正常に取引が完了するとにイーサ(ETH)を受け取れます。

➢ イーサ(ETH)を安全に保管する

イーサ(ETH)トークンは、KuCoinプラットフォーム内に安全に保管するか、セキュリティを高めるために外部のイーサリアム(Ethereum)ウォレットに転送するかを選択することができます。

よくある質問

1 イーサリアム(Ethereum)の価値は?

イーサ(ETH)価格はビットコイン(Bitcoin)を大きく下回っているものの、長年にわたって大きく変動しました。dAppsの代表的なプラットフォームであるイーサリアム(Ethereum)ブロックチェーンは、2021年に分散型金融(DeFi)や非代替性トークン(NFT)に利用されるのが主流として世界中で注目され、イーサ(ETH)価格が高騰し、そのオンチェーンアクティビティが急増しました。

➢ 2015-2016

しかし、それより前の2015年まで、イーサ(ETH)価格は1ドル未満で推移していました。翌年には需要が増え、2016年は8ドル台付近をつけました。

➢ 2017-2018

2017年の暗号資産(仮想通貨)市場の強気相場により、イーサ(ETH)価格は826ドルという高値まで急騰した後、若干の下げで落ち着きました。2018年は、イーサ(ETH)価格が1,396ドルの高値まで上昇しましたが、その後、大きく下落して141ドルの安値で年を越しました。この年は非常に価格変動の大きい1年でした。

➢ 2019-2020

2019年と2020年、この第2位の暗号資産(仮想通貨)はほぼ600ドル前後の範囲で取引されました。イーサ(ETH)価格は2021年11月16日に4,891.70ドルの史上最高値を更新しました。しかし、その後の数週間でこの高値を大きく下回り、2022年の最初の数ヶ月間は下落圧力にさらされました。

イーサリアム(Ethereum)は良い投資先か?

イーサ(ETH)は時価総額で第2位の暗号資産(仮想通貨)であり、高い流動性と取引量を誇っているので、投資対象として魅力的と言えます。ビットコイン(Bitcoin)とイーサリアム(Ethereum)は、時価総額で最大級の暗号資産(仮想通貨)ですが、その特徴やユーザー層は非常に異なっています。ビットコイン(Bitcoin)と異なり、イーサ(ETH)の価格はかなり安く、特に一般投資家にとって取引や投資に適した価格となっています。

しかし、イーサリアム(Ethereum)の投資商品としての真価は、その高い利便性にあります。イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーンは、特にDeFi、NFT、ブロックチェーンゲーミングなどの分散型アプリの最大のエコシステムとなっています。その汎用性は、Web 3.0の普及が進めば進むほど、魅力的な投資対象となり、その結果、イーサ(ETH)価格が市場で上昇する可能性はあります。

さらに、トークンのバーンにより流通量が減少するイーサ(ETH)は、希少性が高くなります。今後、ETHの流通量が減り始めれば、イーサ(ETH)の価値はさらに高くなります。

ただし、イーサ(ETH)価格は、予測不可能ほどの激しい変動が起こり得ることに注意が必要です。イーサリアム(Ethereum)への投資は、従来の金融商品への投資よりも高いリスクを許容できる場合にのみ行ってください。

イーサリアム(Ethereum)を取引する前に、ETH/USD価格のテクニカル分析およびファンダメンタル分析を行うことをお勧めします。上記の情報や、イーサリアム(Ethereum)の価格、時価総額、24時間取引量を確認してから始めましょう。

イーサリアム(Ethereum)のマイニング方法

イーサリアム(Ethereum)のマイニング報酬は、イーサリアム(ETH)で得ることができ、イーサ(ETH)の保有量が多ければイーサ(ETH)を獲得する際に有利になる可能性があります。イーサリアム(Ethereum)のマイニング方法は3つあります。

➢ ソロマイニング

ソロマイニングに関心があるマイナーは、高い処理能力を持つマイニングリグ(マイニング機器)に投資する必要があります。イーサリアム(Ethereum) ブロックチェーンで他のマイナーと複雑な数学的問題の解決を競争しながら、取引の検証や新しいブロックの作成を行うことができます。そして、イーサリアム(Ethereum )ノードは、その過程で採掘されたイーサ(ETH)の一部を労力の報酬として受け取ります。

➢ プールマイニング

高価なコンピューター計算能力を利用できず、独自のマイニングリグを稼働させることができないマイナーは、プールマイニングへの参加という選択肢もあります。プールマイニングでは、マイナーのグローバルネットワークとして利用可能なコンピューティングリソースを結合して、複雑な数学計算を解決してトランザクションを検証し、イーサ(ETH)を採掘することができます。そして、発生した報酬はプールへの参加者の計算能力の貢献度に応じて分配されます。

KuCoin Poolは、正確なハッシュレートデータと堅牢なセキュリティのサービスの1つで、イーサ(ETH)マイナーのためのワンストッププラットフォームを提供しています。

➢ クラウドマイニング

クラウドマイニングは、マイニングプール内の他のマイナーから計算能力を借りて、イーサ(ETH)を採掘する最も手軽な方法です。興味のある方は、KuCoinのクラウドマイニングサービスをご覧いただき、詳細を確認してみてください。

しかし、クラウドマイニングはPoWコンセンサスしかサポートしていないため、イーサリアム(Ethereum)がETH 2.0に移行すると、PoSコンセンサスに切り替わりますので、ご自身のイーサ(ETH)をバリデーターに委託してイーサ(ETH)をマイニングするか、ネットワークに32 ETH以上ステークしてバリデータになる必要があります。

イーサリアム(Ethereum)のステーキング方法

ステーキングは、イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーンのセキュリティ向上に貢献しながら、イーサ(ETH)を保有することで不労所得を得ることができる有益な方法の1つです。32 ETHをステークすることで、イーサリアム(Ethereum)ネットワークのフルバリデーターになれます。バリデーターになることで、データを保存し、取引を処理してネットワークに新しいブロックを追加し、これらの作業と引き換えにブロック報酬を得られるようになります。

また、ステーキングプールでも32 ETH未満をステーキングして、イーサリアム(Ethereum)ステーキング報酬を獲得することができます。いくつかのステーキングサービスがあるので、登録してステーキングプールに参加することができます。

イーサリアム2.0(Ethereum 2.0)はいつローンチされる?

イーサリアム2.0(Ethereum 2.0)は2022年頃に公開される予定ですが、開発者の間ではこの用語の意味は変わりつつあるようです。元々イーサリアム2.0(Ethereum 2.0)とは、イーサリアム(Ethereum)メインネットと、ネットワーク上でのステーキングを可能にするサイドチェーンであるBeaconチェーンが統合されたものを指してました。2022年3月時点で、統合プロセスはまだ進行中で、2022年内に完了する予定です。

ブロックチェーンのアップグレードは、Ethereum Improvement Proposal(EIP)という形で共有されます。イーサリアム2.0(Ethereum 2.0)は、イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーンがPoWからプルーフ・オブ・ステーク(PoS)コンセンサスへと移行する際のアップグレードを指す言葉になっています。

イーサリアム 2.0(Ethereum 2.0)は、ブロックチェーンの安全性、拡張性、持続可能性をより高めるものです。そして、イーサリアム(Ethereum)の次のアップグレードフェーズでは、ネットワークのスケーラビリティとスピードを大幅に向上させるシャーディングを行う予定です。

1 イーサリアム(Ethereum)のマイニングにかかる時間は?

イーサリアム(Ethereum)のマイニングにかかる時間は、イーサリアム(Ethereum)のマイニングハッシュレート、つまり解くべき数学的問題の複雑さによって変化します。また、マイニングリグの処理能力にも依存します。

時間が経つにつれ、数学的パズルの複雑さが増し、イーサリアム(Ethereum)のマイニング難易度が高くなります。その結果、1 ETHをマイニングし、新しいイーサリアム(Ethereum)ブロックを作成するのにかかる時間が長くなり、トークンの希少価値が高まります。

ETH価格分析

現在価格

ETHの現在価格は1,574.15USDで、直近7日間の-3.25%と減少、直近24時間の-0.47% 減少を表しています。

過去のトレンド

ETHの史上最高値は11-15, 2021の4,891.7 USD で、そこから-67.82%下落しています。
ETHの史上最安値は0.42 USDで、そこから99.97%上昇しています。
$ 0.42
$ 4,891.7
ETHの最新価格を確認しますか?KuCoin取引所にアクセスして、ETH/USD価格の24時間365日のライブ更新を確認し、ならびに仮想通貨をすばやく売買する機能を利用してください。